スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型パサートシリーズ 発売3週間で1,000台受注!

気が付けば、もう6月も終わりです…
今年は、例年なみの暑さなんて言われていますが、最近は暑い日がつづいて、去年の猛暑を思い出しますしかし、北海道の夏は突然寒くなったりしますので、みなさん体調には充分お気をつけください!

さて、今月の初めにデビューしました新型パサートですが…
なっ!なんと発売から3週間目にして、はやくも受注が1,000台を突破しました
いやはや、すごい人気ですね。なにやら新型パサートがお客様に指示される理由が三つあるそうです

※以下メーカープレスリリースより抜粋

(1)ミッドサイズカーに1.4リッターエンジン。軽快な走りと優れた燃費(18.4km/L)が好評。

新型パサート シリーズはフォルクスワーゲンのダウンサイジング戦略に沿った1.4リッターのTSI(シングルターボ)エンジンと7速DSGに、Start/Stopシステム (アイドリングストップ)とブレーキエネルギー回生システムからなるブルーモーションテクノロジーを加えた最新のパワートレインを搭載。期待を超える走りに加え、ミッドサイズカーでありながら18.4km/L(10.15モード)の低燃費とエコカー減税75%※適用という高い経済性も注目されました。
※ 自動車取得税および購入翌年度の自動車税の軽減措置は平成24年3月31日まで。自動車重量税の軽減措置は平成24年4月30日までの新規ご登録車が対象。

(2)上質かつ高品質な内外装。 先進的な安全装置を全車に標準装備。

お客様の多くは、最新のフォルクスワーゲン デザインに基づく水平基調の外観と高品質なインテリアに、ミッドサイズカーとしての上質さ、快適性に好感を持たれています。また8個のエアバッグや全席シートベルト警告灯、緊急時にクルマの横滑りを防止するESPに加え、フォルクスワーゲンでは初採用となる居眠り運転による事故を未然に防ぐ「ドライバー疲労検知システム」などの安全装置を全車標準装備していることも高く評価されています。

(3)高い付加価値。

爽快な走りとミッドサイズ ハイブリッドカーの実燃費に迫る低燃費性能、クラスを超えた上質で高品質な内外装、多数の先進的な安全装備、エコカー減税の適用や初回車検前までの法定・メーカー推奨点検工賃が一切かからないフォルクスワーゲン プロフェッショナル ケアが無償付帯されていることなど、バリューフォーマネーを具現する新型パサート シリーズ(セダン:324万円~、ヴァリアント:346万円~)は、「競合他車に比べ装備、価格共に大変魅力的である」と、多くのお客様から注目いただくとともに高く評価されています。


なるほど…人気がでるのもわかりますねー
三つの理由はもちろんですが、やはり見た目の男前さがバツグンです

DVC00027.jpg
どうですか、ただいま展示中の新型パサート ヴァリアントの、このスタイリッシュな横顔

DVC00039.jpg
そして、上品な中にも、さりげないクロームでセンスの光る後姿

DVC00038.jpg
そして…なんといっても、このマスク飽きのこないシンプルなつくりなのに、存在感があって、それでいて高級感ただよいませんかー
あらためて、みても本当にイイ車です
ショールームに展示しておりますので、ぜひ新型パサートの人気のひみつを探りにきてください
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。